OUTERSUNSET

  1. ONLINE SHOP/
  2. story

気になるあの人のMY OUTERSUNSET

#1
榎本実穂さん(ファッションディレクター)

2021.04.14

素敵なセンスの持ち主が、OUTERSUNSETの服をどんな風に着こなしているのかをご紹介するテーマ。第1回は、ファッションディレクターの榎本実穂さん。セレクトショップのバイヤーだったという彼女が、ブランドのディレクションを手掛けることになったきっかけや、ご自身のスタイルについて伺いました。

「セレクトショップのバイヤー時代は、買い付けに海外へ行くことも多く、たくさんのインポートブランドを見てきました。バイヤーの前は外資系ファッションブランドのMDとして働いていたので、ずっとファッション業界で仕事をしていて、30歳を超えた頃、次のステージについて考えるように。170㎝と身長が高いこともあって、自分の体型に合う、インポートの丈感やサイズ感、それでいて日本女性に合うパターンやシルエットのものを作りたいと思ったんです。日本のブランドでは、なかなかサイズが見つからなかったので。それで、2014年にエリンを立ち上げました。昨年、エリンのディレクターからは離れ、今はフリーランスの立場に。コロナのこともあって、今の自分を正直に反映した、身の丈に合ったブランドをやりたいと思って、この秋から新しく、初となるデニムブランド『LIVINGTONE(リヴィントーン)』とユニセックスブランド『MIOSMOKEY(ミオズモーキー)』をスタートします」

凛とした佇まいからもにじみ出ているように、ファッションへの向き合い方がとても真摯な榎本さん。ファッション好きになったのは、育った環境が大きかったとか。

「母も8歳年上の姉もファッションが大好きで、だから遺伝ですかね(笑)。小さい頃からよく古着屋とかに連れて行かれてました。姉の影響もあって、アメカジやトラッドが好きな子でしたね。金ボタンの紺ブレに足元クラークスみたいな(笑)。20代前半はヨーロッパの古着やヴィンテージ。そして仕事を始めてからはハイブランドへの興味も。だから、今でも好きなテイストの幅がとても広いんです。古着やヴィンテージはもちろん、ハイブランドもメンズも好き。アメリカものも、ヨーロッパものも、アジアものも全方位で。今はなかなか行けないですが、ひとり旅が大切なインスピレーション源ということもあって。ヨーロッパは街の雰囲気に心が落ち着くし、アジアの国に行けば、民族衣装などから色使いや色合わせ、コーディネートの新しい発見があります。今またこのミックス感が自分でも好きだな、って思っています。また、最近は新しいものを追うことはなくなって、どちらかと言うと、トレンドよりも気持ちがいい、自分がヘルシーでいられるものを着たいと思うようになりましたね」

榎本さんのオリジナリティのある着こなしのセンスには、ひとくくりにしにくい奥深さが。そのスタイルのベースとなっているものとは?

「私自身は、気分によって毎日変わる、とってもフレキシブルなスタイルですね。何にも属さない、自由でマイウェイな感じです。ワードローブの幅が広いので、といっても自分の好きな世界観や趣味のものばかりですが、テイストの違うものでも何でも合わせてしまう。その日の気分で主役にするアイテムを決めて、そこからスタイリングをします。だから、特にルールはないですが、“女性らしさ”は欠かさないようにしています。足元は必ずヒール、というように。あと、肌の見せ方とか。あくまで自分が女性としてきれいでいたいと思っているし、そういう着こなしが素敵だなと思うので」

OUTERSUNSETのコットンリネンのフーディをジャケットで颯爽と着こなす榎本さん。カジュアルなフーディが、マスキュリン×フェミニンの絶妙なスタイリングで、ぐっとソリッドな仕上がりに。

「私にとっての定番アイテムであるジャケットを羽織ることで、自分らしさを出せたらと思い、フーディは身幅が広いデザインですが、あえて、タイトなジャケットで引き締めてみました。ジャケットは数年前のジル サンダーのもので、ピンストライプのパンツはドリス ヴァン ノッテン。ネイビー×黒のコントラストって好きなんです。足元はマノロ ブラニクのブルーのスエードパンプスで、マニッシュなスタイルの中に女らしさを。ジュエリーもスタイリングには欠かせないアイテムで、特にリングはいつも同じものを身につけています」

ご自身の定番アイテムをキーに、自分らしく着こなしている榎本さんの、ものを選ぶ目はとてもシビア。

「服を選ぶときのポイントは、素材とシルエットです。基本的には必ず試着をして、“着る”ことを前提に選びます。リアルクローズを買っているのであって、飾っておくためや、取っておくために買うことは絶対にありません。試着して、本当に納得いくものだけですね。似合わなかったり、サイズが合わなかったら買いません」

「このフーディは、コットンリネン素材というのがポイントですね。“黒”の“リネン”って、自分に似合う組み合わせなので。コーディネートの幅が広く、いろいろなシーンに合いそうなところも気に入っています。デコルテの開き具合も、ほどよく女性らしくて。今日は、袖をたくし上げたジャケットに合わせたラフなONスタイルですが、OFFならドレスをインにして、カバーオール風に着るのもいいですよね。大人感とリラックス感のバランスがちょうどよくて、ブラウス代わりにさらりと着たい一着です」

PROFILE/榎本実穂
某大手セレクトショップのバイヤーを経て、2014年にファッションブランドの設立、クリエイティブディレクターを務め、2020年に独立。フリーランスのファッションディレクターとして様々なブランドのデザイン、ディレクターを手掛ける。

Photos: HAL KUZUYA
Text: SHIHO AMANO

OUTERSUNSET STORY